父親でも母親でもそうですが、小さい子どもの親は、転職をするときによく考えて転職をしなければいけません。独身時代や結婚しても子どもがいない状態ならば、自分を中心にして転職を考えても良いと思います。しかし、小さい子どもがいるならば、子どものことも何割かは考えた転職をする必要があります。

 

 たとえば、子どもを保育園に通わせなければならないときは、なるべく通勤の途中に通わせる保育園を探し、転職先もそれに合わせて決めるべきです。保育園が遠くてなかなか保育園に預けられなかったり、逆に保育園へ迎えにいくのが遅くなってしまったら寂しい思いをするのは子どもです。

 

 また、子どもの教育に力を入れるならば、なるべく残業が少なくて時間的に余裕がある転職先を見つけるべきです。やはり、仕事で残業が多くては家で一緒に子どもといる機会が減りますから、教育に力をいれることはできなくなってしまいますので、子どもの教育に合わせた転職先を探すことが大事です。

 

 さらに、シングルファザーやシングルマザーですと、どんな転職先を見つけるかにより、子どもとの運命が大きく変わってきます。仕事を理由に子どもと疎遠になってしまえば、子どもがきちんと成長してくれない可能性がありますから、決して仕事優先になり過ぎないような転職先を探さなければなりません。

 

【おすすめページ】
おすすめ転職サイトの歩き方|転職情報徹底検証
おすすめの転職サイト活用術!

 

一般財団法人 厚生年金事業振興団 | 厚生年金病院 厚生年金看護専門学校 厚生年金保養ホーム 厚生年金終身利用老人ホーム

 

 こうして考えてみると、子どもがいる場合の転職というのは、仕事のやりがいよりも子どもと過ごす時間をいかに増やすか?ということが大事になってきます。仕事に粉骨砕身頑張ることはもちろん大切ですが、子どもがいる場合には、ぜひとも子どもの教育をしっかりとできるような環境の職場へ転職することが第一だと私は思っています。


このページの先頭へ戻る