正社員として応募をする際に、転職者からの応募があるために、最初に前職においてフリーターであった人は、社会経験のある転職者と一緒に選考される事を頭に入れておかなければならないのです。特に応募者が多い企業の選考において、これまでの経歴における社会経験が重視されるケースが多いです。

 

 自分が希望している職種が分かっているならば、仕事に関わる職種がある派遣社員に登録をして、派遣社員としてスキルや経験を積むこともひとつの方法です。派遣社員として働く中で、希望の職種につなげる事ができるスキルや資格を取得に励んで、正社員の採用に必要なスキルと経験を積みながら正社員の応募を検討する事です。

 

 中小企業は人材不足の傾向が大きくて、中途採用の枠も大手の企業に比較したら大きいです。待遇などにこだわらずに自分のやりたい仕事があるならば、やりたい仕事に関連した中小企業の職種の応募を検討する方法もあります。

 

【お役立ちサイト】
フリーターを脱出して就職する
就職してフリーターを脱出したい方のためのお役立ちサイト

 

 また、インターネットでの転職や求人のサイトに登録して、やりたい職種を転職サイトで検索しながら見つけていく方法もあります。しかし、待遇の面を重視して大学などの学校を出て、フリーターしか経験がない人は、会社の知名度のある企業にはなかなか就職できないので、自分の仕事の適性をしっかりと把握して、希望の職種を分析しながら多くの中小企業に応募する事です。



このページの先頭へ戻る